トラックマン紹介

トラックマン紹介

ナックルBIG3

【関東の地獄耳トラックマン タカシ】

「西高東低」と言われていた時代も終焉に近づきつつある競馬界。
大舞台で関東馬が活躍することも増えており、一昔前よりも関東馬の情報の価値が見直されつつある。
『美浦トレセンの主要厩舎の情報入手なら誰にも負けない』と豪語するタカシ。
厩舎関係者には麻雀仲間も多く、飲んで体を張って、泥臭く情報を掻き集めるタイプ。
人情派だけに関係者からの信頼も絶大。

『人生最大の的中』

2008年有馬記念 3連単98万5580円
「ダイワスカーレットが最強に強かったレースだったが、関東馬(伊藤正徳厩舎)のエアシェイディが10番人気で3着に来たことも思い出深い」

【関西の裏を知る男 橋口】

「ノーザンファームしがらき」などを中心に栗東トレセン周辺の外厩施設が充実してきたことで、トレセン内での動きだけでは馬券に直結する情報を網羅しきれない昨今。
経済界の大物と競馬界の大物が絡み合い政治色が特に強い関西圏の競馬事情。結果を残しても政治事情によって簡単に干される、まるで芸能界のような仕組みが浸透し始めているだけに人間絡みの裏事情は不可欠。
競馬界だけに留まらない情報網は天下一品。トラックマンの間では『橋口がいなくなれば、情報が流れなく』とも言わせるほどの大動脈。

『人生最大の的中』

2005年日本ダービー 3連単215万5760円
「牝馬ウオッカによる歴史的ダービー制覇。そして2着に14番人気アサクサキングス(後の菊花賞馬)、3着アドマイヤオーラ。武豊とアドマイヤが犬猿の仲に変わった渦中の中で生まれた衝撃」

【探偵トラックマン 畠山】

あらゆる方面からの圧力がひしめき合うだけに競馬界はいまだ村社会。
「アイツはあのグループ寄りだから、こういう話にしておこう」
「彼はあの厩舎の本音情報を握ってるから、それと交換条件で今回は本音を話しておこう」
厩舎関係者がレースに使う上で戦略を立てるために他厩舎の情報収集をトラックマンにすることもしばしばある。
『本音』と『建前』
それが競馬の世界。つまり『嘘』を本音として使い分ける駆け引きが横行しているということ。そこを見抜くには刑事ばりに、神経を研ぎ澄ました嗅覚が必ず必要となる。

若かりし頃は、あまりものしつこさ、粘りっこさに“納豆トラックマン”とのあだ名をつけられていた時代もある畠山。
表舞台で立つことこそないが、表に立たないが故に、嘘が通用しない畠山には根負けして本音を暴露する者がほとんど。
まるで裁判か?と思わせるほどの鋭い質問で、矛盾点を突きながら、関係者の心の奥にある本音を引き出す腕は業界ナンバーワン。

『人生最大の的中』

2001年有馬記念 馬連4万8650円
「1着マンハッタンカフェ、2着アメリカンボス。2001年9月11日ニューヨーク、マンハッタンで起きた同時多発テロ。まるで同年に起きた大事件のサイン馬券のような形で決着した1着マンハッタンに2着アメリカン。だが、ここには絶対的な確信を持ってマンハッタンカフェを送り込んだ小島太調教師にとって生涯一番といってもいいほどの勝負魂がそこにはあった」

knucle神7

【Kトラックマン】

地方ローカルが専門。特に北海道開催においてはその右に出る者はいない。
自分の耳で聞かなければ納得しない頑固者という一面もあるナックルの切り込み隊長。
ナックルでもその存在は一際光るモノがある。今までのスクープ本数はダントツ首位。

【N村財閥大物馬主】

『神7』の中でも異彩を放つ、ナックルが誇る超大物馬主。
今は無きN村財閥家系に生まれ、乗馬から馬と関わってきた他のトラックマンとは一線を画す存在。
誰にも真似の出来ない脈々と受け継がれてきた太い人脈とN村グループのネットワークで、競走馬や騎手のあらゆる情報をキャッチ。
競馬開催日の「馬主席」からの緊急入電はまさに【国宝級】。

【トラックマンU】

大物競馬関係者に『Uの言葉がオッズを決める』と言わしめるほどの男。
業界きっての相馬眼の持ち主。美浦も栗東もUに仕上がりを見て欲しいと、トレセン自らUに電話するほど。
フザけたような競馬サイトでは情報提供したくないと、弊社ナックルと2015年に専属契約を結ぶ。

【トラックウーマンC】

女性ながらに『神7』の名をほしいままにするナックルの紅一点。
女だからこそ入手出来る裏情報。女にしか聞けないその内部情報は、『神7』に相応しい男性トラックマン顔負けの破壊力を誇る。
牝馬戦での勝負強さは本物で、本人曰く「女同士にしか分からないモノがある」のだそう。

【トラックマンK】

栗東が「F」なら、美浦は「俺だ」と豪語する情報屋。
美浦の端から端まで知り尽くし、馬体重の増減から食べた飼葉の量まで知る唯一無二の男。
新聞や雑誌が盛り上げるその裏で光る馬を見つける眼は本物。

【Lトラックマン】

本開催は勿論のこと、海外競馬にまで眼を向けるデータ重視のトラックマン。
緻密なデータ収集に独自の理論を合体させた『Lシステム』。
これまでに『Lシステム』で獲得した万馬券は弊社ナックルでも1.2を争うほどの強者。
ナックル随一の頭脳派トラックマン。

【Eトラックマン】

Eを知るマニアは彼こそ『神様』だと語る。
弊社ナックル在籍トラックマンのトップに立つ『神7』と呼ばれる7人の中の1人。
【KNUCKLE】=『7人』イニシャルから言えばEは最後だが、その実力は計り知れない。
結果を出さなければ消えていくこの競馬業界で、一度もマイナス収支になったことがない。マイナス収支どころか、毎年プラス収支の記録を更新している才覚の持ち主。
それこそが、『神様』と呼ばれる所以である。

人気トラックマン

【Fトラックマン】

生まれも育ちも栗東。栗東専門で、Fに見出されてG1を勝ち取った馬も数知れず。
栗東ではFの嗅覚に絶対の信頼を寄せている。豪快な性格ではあるが、馬を見る眼は厳しい。
他のトラックマンにはない栗東での揺るがない地盤に乞うご期待。

【Aトラックマン】

新潟のレースは外したことがないという新潟特化型トラックマン。
荒れたレースもなんなく的中を出す穴のスペシャリストでもあるAを2015年にようやく口説き落とすことに成功。
レースの大小に関わらず、しっかりとした結果を出す有言実行トラックマン。

【Pトラックマン】

狙うは「万券一択!」と名言するトリッキーなトラックマン。
2015年の個人成績は年間250本の万馬券を獲得し、2016年ナックルで衝撃のデビューを果たした。
えげつない的中を多数提供し、『万券の鬼』と崇められる凄腕トラックマンP。

【トラックマンダートX】

約20年間ダート馬の理論のみを研究し「ダート戦とは?」「ダート馬とは?」
何たるかを全て知り尽くしたダートX。その理論は卓越しており、過去のダートG1チャンピオンズカップの勝率は驚異の8割を誇る!

【トラックマンF】

口癖は「新馬戦は美味しい」そんなF氏は某現役大物馬主とズブズブの関係。
あまり知られていないことだが「新馬戦」のオッズはもろに“馬主関係者の買い”に影響される。『馬本来の力がオッズに反映されない』そこを馬主ネットワークより巧みに吸い上げるのがF氏の狡さでもあり巧さでもある。

【元調教師AK】

100人中100人が口を揃えて「彼の馬を見る眼は間違いなく本物」という。類まれな相馬眼をもち業界関係者からも絶対的な信頼を寄せられている。公にならない話、公にならない情報を入手させたら右に出るものはいないだろう。

【トラックマン山内 迅】

海外競馬取材班主任。現在は海外で活躍中の山内氏だが、そのパイプは異常。海外大物グループと直契約を結ぶ唯一の日本人。そのパイプは日本の大物関係者ともつながっている。無論、社台とのつながりも深い。

【Rトラックマン】2017年新規加入

某専門紙のトラックマンとして美浦厩舎取材を第一線で十数年。 これまでトレセン、各競馬場で数多の厩舎を取材し、競走馬を見る眼を養ってきた。 【現場一筋】をモットーに、2017年内勤の辞令を断り、心機一転ナックルへ。 美浦厩舎の様々な関係者とは普段から食事に誘われる間柄で、特に藤沢和雄厩舎の情報網は強い。

【Iトラックマン】2017年新規加入

京都出身。競馬ファン歴35年。競馬好きが高じてトラックマンの道に。 これまですっぱ抜いてきたスクープは数え切れないが、音無秀孝厩舎ネタには絶対の自信を持つ。音無秀孝調教師が騎手だった頃からよく知るベテラントラックマン。

【トラックマンS氏】2017年新規加入

愛嬌があって非常にマメな事から様々な競馬関係者から愛されるS氏。特に騎手との親交は深く、夜な夜な歓楽街を一緒に飲み歩く事もある。 その性格からも本音を聞き出すのが上手く、担当のエージェントしか知らないようなマル秘話も把握している事情通。

【調教担当トラックマンY】2017年新規加入

主に北厩舎取材を行うが、特に堀厩舎に関しては外厩情報も含めて徹底して取材を強化。紙面ではトーンが低くなりがちな厩舎でもYにかかれば本音を聞き出せない情報はない。 また、英語も堪能な為、外国人騎手の本音も引き出せるのはYならではの武器である。

【元トラックマンH】2017年新規加入

某専門紙で栗東専属記者として池江泰寿厩舎や清水厩舎、石坂厩舎などを担当していた経歴を持ち、栗東トレセン関係者の間では名物トラックマンとして知られるH氏。 元トラックマンHが印を打った馬は人気薄でも必ず押さえておけ、消しはない!とまで言わしめる程の類まれな相馬眼を持つ。 記者を辞めた後も関係者との連絡を絶やすことはなく、現在も元トラックマンHの持つ情報網は現役トラックマンをも凌駕する。

【Mトラックマン】2017年新規加入

生まれも育ちも滋賀県栗東市。元トラックマンだった父の影響で競馬業界入りした2世トラックマン。 幼少の頃から馬が身近に存在する環境で育った事もあり、彼の馬を見る目は確かで取材班のなかでも若輩であるが、年配のトラックマンにも一目を置かれる存在。 過去、角居厩舎や矢作厩舎、友道厩舎など大物厩舎の想定班として栗東トレセンを駆け回っていた経験を持つ。

ページの一番上へ

競馬法第28条により、未成年者は勝馬投票券を購入または譲り受けることは禁止されております。 勝馬投票券は個人の責任において投票下さい。 当社では馬券投票代行行為は行っておりません。 当社が独自に入手する競馬情報に基づいての企画商品、またはいずれかのサービス等から提供・発信を行う情報についての正確性につきましては一切の保証・確約をするものではございません。 当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。 当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。 提供を行う以上は前提としてその情報の仕入れ元・提供元との強い信頼関係のもと、入手した情報を厳選・精査の上ご案内をさせて頂いてはおりますが、提供されます情報は競馬という競技の性質上、100%の的中を保証するものではございませんので、提供される全ての情報においては会員様の自己判断・自己責任のもとでご利用ください。 馬券購入によって受けた結果(利益・損失・課税)に関しましては当社では一切関知致しかねます事を予めご了承下さい。
Copyright © 週刊競馬ナックル. All rights reserved.